医療給付とは?

大学生活を送る中で、病気にかかったり、あるいはけがをしたりすることは誰にでもあり得ます。

しかし、1人暮らしの大学生も多く、経済的理由から、なかなか病院に行きづらいという現状があります。

その経済的負担を軽減するのが、「医療給付」です。


医療給付とは、組合員(塾生・正規大学院生)が病気やけがで受診した際に、所定の期間に手続きを行うことによって、保険診療で支払った自己負担分の一部を給付する制度です。


この制度を活用して、病気やけがの際にはきちんと医療機関で受診するようにしましょう。



医療給付 申請対象

医療給付には申請対象があります。必ずご確認ください。


○全国すべての医療機関(医科・歯科)での受診が対象です。

 ただし、接骨院、整骨院、鍼灸院については保険診療であっても給付対象外です。

 同様にして、医療保険が適用されないインフルエンザの予防接種なども給付対象外です。

○組合員としての在籍期間中に受診していなければなりません。

○同一診療機関・同一診療科に同一月にかかった費用の合計を1件とし(外来・入院・薬局はそれぞれ別 件となります)、その1件の申請につき月額63,600円まで給付を受けることが可能です。

 ただし、自己負担額のうち、1件につき1,000円は皆さんの負担となります

年度給付最高額は、1人当たり20万円です。

留学生の組合員が医療給付を受ける場合は、国民健康保険への加入が必要です。



医療給付 申請方法

医療給付の申請は、在籍キャンパスの学生生活窓口で組合員本人が行ってください


●三田 : 学生部 学生生活支援グループ

●日吉 : 日吉学生部 学生生活担当

●信濃町 : 学生課 学生生活担当

●矢上 : 学生課 学生生活担当

●SFC : 事務室 学生生活担当・看護医療学部担当

●芝共立 : 学生課 学生生活担当


尚、申請期限は、受信月を含めて4カ月目の月末までです。

(例)4月20日に受診した場合、申請期限は7月31日までです。



医療給付 申請手続き

≪一般病院(診療所)にて受診する場合≫

①受診の際に健康保険証を病院の窓口で提示し、各自で医療費を支払います。

②在籍キャンパスの窓口で「医療費領収証明書」を受け取ります。申請1件につき1枚必要です。

  医療機関記入欄への記入方法の違い(病院に依頼:Ⅰ,自分で記入:Ⅱ)によって分かれます。

  Ⅰ.赤枠内に医療機関で1カ月分の診療をまとめて1枚に記入してもらいます。

  Ⅱ.各自で赤枠内を記入の上、領収書を添付してもらいます。

③塾生記入欄を各自で記入の上、組合員本人が在籍キャンパスの窓口へ医療費領収証明書を提出し、  受付カードを受け取ります。

  この際に、学生証を必ず提示してください。また、初回申請の場合は振込口座を確認できる通帳、また  はキャッシュカード(ゆうちょ銀行は通帳のみ可)を提示してください。

④提出日の翌月20日(20日が土・日・祝日の場合は翌営業日)に、申請された金融機関の口座へ金額が  振り込まれます。振込を確認してください。

  尚、1月・8月については下旬頃に振り込みとなりますのでご了承ください。

 

 

≪慶應義塾大学病院にて受診する場合≫

慶應義塾大学病院は「特定機能病院」に指定されているため、紹介状なしで平日8:00~17:00に受診すると、初診時に5,400円の選定療養費が請求されます。紹介状は塾内診療所(保健管理センター)で用意することができます。詳しくは塾内診療所へお問い合わせください。

また、夜間(17:00~8:00)および休診日の入院を必要としない受診の場合は時間外選定療養費8,640円が徴収されます

選定療養費および時間外選定療養費は保険扱いではありませんので給付の対象外です。ご了承ください。

 

①病院の受付で学生証と健康保険証を提示します。

  外来の場合 : 初診受付窓口   入院の場合 : 入院受付窓口   救急の場合 : 救急外来受付窓口

  ※外来、入院、救急のそれぞれに学生証と健康保険証の提示が必要になります。

  ※初診時に学生証の提示を忘れた場合は、後日初診窓口に申し出てください。

  ※学部を卒業して大学院に進学、あるいは卒業・修了年度が変更になった等、学生証の内容に変更     が生じた場合は、受診の際に再提示が必要になります。

  ※学生証を受付で提示し忘れた場合は、慶應義塾大学病院の領収書、診察券、保険証、学生証の4     つのコピーを持って、在籍キャンパスの学生生活の窓口に申し出てください。申し出た月よりも以前    から受診していた場合は、一般病院受診の場合と同様の期間内にて給付できます。

②病院で医療費を支払います。

③在籍キャンパスの学生生活窓口で「医療給付金振込口座届」を提出します。振込口座を確認できる通  帳、またはキャッシュカード(ゆうちょ銀行の場合は通帳のみ可)を提示してください。

  尚、この届は一度提出すれば卒業・修了するまで有効です。2回目以降の提出の必要はありません。

④提出日の翌月下旬に、申請された金融機関の口座へ金額が振り込まれます。振込を確認してくださ い。

 

 

≪塾内診療所で受診する場合≫

①塾内診療所(保健管理センター)の窓口で学生証を提示します。

②医療費の半額を請求されるので支払ってください(残り半分は学生健保が負担しています。)

  ただし、信濃町保健管理センターでは扱いが異なるので、信濃町キャンパス所属の組合員の方は≪慶  應義塾大学病院で受診する場合≫を参照してください。

Twitter